国立大学法人群馬大学 国際センター

在籍中の留学生の方

卒業留学生対象助成金、資料の送付

独立行政法人日本学生支援機構による留学生の帰国後のフォローアップとして、

1.帰国外国人留学生に対する専門資料送付制度
2.帰国外国人留学生研究指導事業
3.帰国外国人留学生短期研究制度

があります。 また、日本学術振興会により、

4.論文博士号取得希望者に対する支援事業

が行われています。

1.帰国外国人留学生に対する専門資料送付制度

外国人留学生が我が国の大学院を修了又は留学期間を満了して帰国後、それぞれの専門領域の研究を進めて行くために必要な専門資料を当該外国人留学生の希望に添って、独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)が無料で送付する制度です。
対象となるのは、自国で行政職、教育職もしくは研究職(民間企業に従事している者は除く)に就いている者又は大学院で勉学を続けている者です。他にも、国籍等による制限があります。
送付できる資料は、申請者の専攻分野に関連するもので、日本で出版されている既刊専門図書であって 一般書店にて入手可能なものに限ります。週刊・月刊・季刊誌などの定期刊行物及び学会等の機関誌、研究紀要、論文誌、海外で出版されている図書は対象になりません。
送付期間は1年間で、送付する資料の金額の限度は年額1万円(送料を含まない)です。

国際課担当連絡先 電話027-220-7627
※「帰国外国人留学生に対する専門資料送付制度」は、平成20年度末で廃止されました。

2.帰国外国人留学生研究指導事業

日本における留学を終了し、帰国後、自国の大学等高等教育機関及び学術研究機関で教育、研究活動に従事している者に対し、日本における留学生の指導教員等を現地に派遣して行わせる研究指導や研究者及び学生等に対するセミナー開催等の事業の実施をJASSOが支援することにより、帰国留学生の教育、研究能力を高めるとともに、その他研究者等に対する有益な情報の提供を通じて、現地の研究者との学術交流の推進及び我が国への留学促進に寄与することを目的とし、JASSOが行っている事業です。
申請方法、各種条件はJASSO帰国外国人留学生研究指導事業のサイトを確認するとともに、国際交流課窓口へお問い合わせください。

国際課担当連絡先 電話 027-220-7636

3.帰国外国人留学生短期研究制度

開発途上国・地域から日本に留学し、現在自国等において、教育、学術研究又は行政の分野で活躍している元留学生に対し、それぞれの専門分野について、再度日本の大学において研究するための機会を提供することを目的としたJASSOによる制度です。
申請方法、各種条件はJASSO帰国外国人留学生短期研究制度のサイトを確認するとともに、国際交流課窓口へお問い合わせください。

国際課担当連絡先 電話 027-220-7636

4.論文博士号取得希望者に対する支援事業

アジア諸国等の大学等学術研究機関に所属している研究者が、日本の大学において、大学院の課程によらず、学位規則の規定に基づく論文提出によって博士の学位を取得することを支援するため、独立行政法人日本学術振興会(JSPS)が行っている事業です。
申請方法、各種条件については、JSPSの論文博士号取得希望者に対する支援事業のサイトを確認するとともに、国際課窓口へお問い合わせください。

国際課担当連絡先 電話 027-220-7636

ページ上部へ